ここから本文です

広島・緒方監督、超満員のファンに勝利届けられず「申し訳ない」

デイリースポーツ 7月13日(水)23時0分配信

 「広島0-6巨人」(13日、マツダスタジアム)

 広島・黒田博樹投手(41)が、日米通算200勝に王手をかけた一戦で、チームは今季4度目の完封負けを喫した。前夜は19安打13得点の打線が、巨人の先発・田口ら3投手の前に沈黙。6日の中日戦(金沢)に続き、またしても黒田を援護できなかった。

 攻撃は1点ビハインドの二回、ルナの四球、新井の右前打で無死一、三塁。続く鈴木がフルカウントから6球目、外角の直球に反応できず見送りの三振。「当てなければ。僕のミス」と悔しがると、スタートを切っていた一走・新井も、盗塁失敗で好機をつぶした。

 緒方監督は試合後、黒田を援護できなった攻撃を反省。「結果的には序盤に(田口を)崩せなかったことがね。ミスもあったし、いろいろ考えた中での作戦だったが、自分の反省もある」と悔しがった。田口は前回から配球を変えてくるなど、低めを丁寧に突く投球で対策を練ってきた。

 超満員となる3万2247人が詰め掛けた一戦。敗戦に指揮官は「ファンの方に期待して応援してもらった中で、こういう試合展開にしてしまって申し訳ないと思います」と謝罪した。ただ貯金19、2位・巨人に10ゲーム差で前半戦が終了。節目を目前にした黒田について、指揮官は「次回は登板間隔もあくので。マツダで節目の記録を達成して、チームを勝利に導く投球をしてもらいたい」と期待した。

最終更新:7月13日(水)23時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]