ここから本文です

「おそ松さん」6つ子や松形スイーツを作ろう!シリコントレー付きレシピ本

コミックナタリー 7月13日(水)22時51分配信

赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松さん」を題材にしたレシピ本「松野家レシピ付き おそ松さん 6つ子シリコントレーBOOK」が、7月25日に宝島社より発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは「おそ松さん」に登場する6つ子たちの立体的なスイーツが作れる、シリコントレー付きのレシピ本。チョコやゼリー、今川焼き風のお菓子など、6つ子それぞれのイメージカラーやストーリーにちなんだスイーツレシピが紹介されている。またスペシャルページには、アニメに登場する6つ子たちの食事シーンを一挙に収録。さらにラッピングに添えるメッセージカードや、キャラ弁などに応用できる6つ子の型紙も同梱される。

なお宝島社からは同書のほかにも、「おそ松さん」のグッズ付き本が続々と登場。すでに刊行されているトートバッグ、ウエストポーチ、ボディバッグ付きの本のほか、7月26日には「おそ松さん ネックピローBOOK」がリリースされる。

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最終更新:7月13日(水)22時51分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。