ここから本文です

【MLB】ヤンキース、オールスター左腕A.ミラーをトレードか

ISM 7月13日(水)12時17分配信

 ニューヨーク・ヤンキースが救援左腕アンドルー・ミラー投手に対し、トレードの可能性を伝えたことが明らかとなった。現地12日、米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが伝えている。

 同サイトによると、これは米地方紙『ワシントン・ポスト』のチェルシー・ジェーンズ氏が報じたもの。ヤンキースは今のところ、ミラーのトレードに積極的な姿勢を見せてはいないものの、好条件のオファーが来れば応じる意向であることを左腕に話したとのこと。今季のノンウェーバー・トレード期限は8月1日となっており、ヤンキースはどこかのタイミングで決断を下すことになる。

 31歳のミラーは、今シーズン前半で38試合に登板し5勝1敗7セーブ、防御率1.37の好成績をマーク。キャリア11年目にして初のオールスター選出を果たした。また、昨季はヤンキースのクローザーを務め、36セーブを挙げる活躍でア・リーグの最優秀救援投手賞を獲得した。なお、ヤンキースとの契約を2018年まで残しており、各シーズンの年俸は900万ドル(約9億4,000万円)となっている。

 前半戦を終えて44勝44敗とア・リーグ東地区4位に沈んでいるヤンキースでは、守護神アロルディス・チャプマンと救援右腕デリン・ベタンセス両投手もトレード要員であると報じられている。

最終更新:7月13日(水)12時17分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)