ここから本文です

クリープハイプ・尾崎世界観、“文春砲”を覚悟「心当たりある」

オリコン 7月13日(水)19時42分配信

 ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が13日、都内で小説『祐介』(文藝春秋)サイン会を開催。イベント前に行われた記者会見で、同書の出版元が発行している週刊誌『週刊文春』に関する質問を受けると「僕はクソみたいな生活をしているんで、いつ撮られてもおかしくない。心当たりはあります」とあっさり明かした。

【写真】クリープハイプ尾崎世界観 、ラフなシャツスタイルで登場

 続けて「でも、今回の小説のほうが(スクープよりも)先で良かったですよね」とにっこり。すでに“文春砲”が自身に向けられることへの覚悟はできているようで「次回作とスクープ、どっちが先かですね。でも、編集部がどこにあるかわかったので、怒鳴りこみに行くこともできますよね」と不敵な笑みを浮かべた。

 また、小説執筆の動機について話題が及ぶと「音楽だとリズムやメロディーがあるので、どうしても感情が通りすぎて、怒りがコミカルになってしまう時がある。もっと暴力的な気持ちもあるし、性的な衝動もあるので、小説にはその制限がないと思った」と力説。同書の執筆に取りかかった昨夏は、“バンド解散”を考えていたといい「書くことで、バランスを保っていました。この本があってよかった」と言葉に力を込めていた。

 尾崎にとって初の小説となる同書は、タイトルに自身の本名を冠した意欲作。売れないバンドマンの青春が凝縮された、半自伝的な内容となっている。

最終更新:7月14日(木)17時55分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。