ここから本文です

韓国の新鋭バンド・hyukoh(ヒョゴ)、サマソニ出演に続いてワンマンライブ決定

オリコン 7月13日(水)16時0分配信

 韓国で若い世代からの熱烈な支持を集めるバンド・hyukoh(ヒョゴ)が、日本で夏フェス『SUMMER SONIC 2016』への初出演に続いて、8月23日に東京でワンマンライブを開催することがわかった。昨年11月の日本初単独ライブ(渋谷・O-nest)ではチケットは即完。多くの日本の音楽関係者が詰めかける注目度の高さを見せていたヒョゴが、いよいよ日本始動する。

【写真】日本初インタビュー!hyukoh撮り下ろしカット

 ヒョゴは、2014年秋に韓国デビュー。1993年生まれのオ・ヒョク(Vo/G)、イム・ヒョンジェ(G)、イム・ドンゴン(B)、イ・インウ(D)による同級生の4ピースバンド。ブルージーな歌声と洗練されたファンクサウンドで早くから注目され、バラエティ番組『無限挑戦』(MBC)への出演から人気に火がついた。

 昨年末のソウルでのワンマンライブは4000人キャパの会場が超満員。この7月には中国・上海のワンマンも即完で成功させ、勢いに乗って『サマソニ2016』の8月20日(大阪)、21(東京)、23日のワンマンと日本上陸する。

 昨年11月の来日時の取材では、日本では韓国バンドが売れていないことに対して「僕らはK-POPではないと思っています。シーンとして韓国バンドが盛り上がっていないとしても、日本のバンドと対バンさせていただいたりしたいですし、フェスにも出演したい」(オ・ヒョク)と意気込みを語っていた。

最終更新:7月13日(水)16時0分

オリコン