ここから本文です

インスタグラマー・maakomind初の書籍発売 世界の絶景とポジティブなメッセージが満載

デビュー 7月13日(水)18時30分配信

 短期間で7万人のフォロワーを獲得し注目を集めるインスタグラマー、湯浅真亜子ことmaakomind初の著書『明日を向いて笑ってますか』が、29日に発売となる。同著には、世界一周の旅で撮影された美しい風景・絶景と、はつらつとした仲間たちとの姿、そして元気と勇気に溢れるメッセージの数々が収められている。

【写真】maakomindのインスタグラムより。

 OL時代に訪れた沖縄の魅力に惹かれ、沖縄に移住した彼女。その後、マリンSHOPで働きながら、3年かけて貯めたお金で、5ヵ月間の世界一周旅行へ旅立つ。そして世界各地で収めた写真をポジティブなメッセージとともにインスタグラムに日々アップし続けたところ、短期間でフォロワーは7万人を超える数に。

 彼女のインスタにアップされている写真は、世界各国の美しい自然の風景、そして驚きの絶景が多数。そしてセンスあふれるファッションを身にまとい、仲間たちと楽しそうに戯れる姿は、見る人を自然と笑顔にさせる。

 また、maakomindの明るく前向きな人生観に彩られたメッセージも多くのフォロワーを獲得した理由。美しい風景・絶景写真約110点、そして元気と勇気をもらえるメッセージの数々、スペシャルポジティブな彼女の魅力が詰まった1冊となっている。

■maakomaind(湯浅真亜子)プロフィール

大阪府出身。短大を卒業後、商社に入社。OL時代に旅行した沖縄の魅力に惹かれ、移住。マリンSHOPのスタッフとして海のそばで暮らし、インスタグラムをスタート。そして3年後のオフシーズンを利用し、5ヵ月間をかけて世界一周の旅を経験。世界各地の絶景を、maakomind独特の感性で写真に表現し、インスタグラムで公開。すると、瞬く間にフォロワーが増加し、7万5千人以上のフォロワーを獲得。

最終更新:7月14日(木)15時36分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。