ここから本文です

リリー・フランキー作『27時間テレビ』Tシャツ完成

オリコン 7月14日(木)8時0分配信

 イラストレーターで俳優のリリー・フランキーが手がけたフジテレビ系毎夏恒例『FNS27時間テレビフェスティバル!』(23、24日 後6:30~翌後9:24)のオリジナルTシャツが完成した。メインキャラクターとしてセンターにレイアウトされている女の子「ニーナちゃん」が、27種の個性豊かな動物たちを引き連れパレードしている…という『27時間テレビ』にかけた個性的なデザインとなっている。

【画像】背面もにぎやかにキャラクターたちが集合

 Tシャツは番組内で出演者が着用するほか、テレビ画面などにも登場する。16日から東京・お台場の同局内『フジテレビショップ』と通販サイト『 e!ショップ』で一般販売の予定。 濱野貴敏チーフプロデューサーは「リリーさんが描きあげてくれた、これらのキャラクターたちは、27時間を思いきり駆け抜けてくれそうな、生き生きとしたエネルギーにあふれていると思います。みなさんも、このTシャツを着て、一緒に27時間フェスを楽しみましょう!」と呼びかけている。

 今年の『27時間テレビ』では“一年に一度、皆さんに笑顔をお届けする大感謝祭”として音楽フェスのように視聴者も一緒に楽しめることを目指し、明石家さんま、内村光良、南原清隆、中居正広らがリレー形式でMCを務める。それを27時間サポートするため結成された『27時間フェス実行委員会』として指原のほか、陣内智則、山崎弘也、オードリー、ピースらが番組を盛り上げていく。

最終更新:7月14日(木)8時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。