ここから本文です

MAGIC OF LiFE、実写ドラマ&劇場アニメ『弱虫ペダル』主題歌 3度目タッグ

オリコン 7月14日(木)0時0分配信

 4人組ロックバンド・MAGIC OF LiFE(マジック オブ ライフ)が、8月からBSスカパー!にて放送を開始する連続ドラマ『弱虫ペダル』(26日スタート、毎週金曜 後9:00)と、9月9日から2週間限定で上映される劇場アニメ『弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)』の主題歌を担当することが14日、わかった。

【写真】実写「弱ペダ」ロードバイクと撮影&個人ショット

 同バンドはこれまで、テレビアニメ『弱虫ペダル』第1期のオープニング曲、第2期のエンディング曲を担当しており、今回で3度目のタッグとなる。新たに主題歌となった2曲は原作・脚本をもとにボーカル&ギターの高津戸信幸が書き下ろした。

 高津戸は「大好きな作品に関われてうれしい」と再タッグに喜び。「『弱虫ペダル』には青春が全てつまっていて、青春とはいつまでも輝き続けるモノだと教えてくれ、そして大切な事に気づかせてくれる。今回も弱虫ペダルファンの方々に喜んでいただけるように心を込めて曲を書きました」とコメントを寄せた。

 ドラマの主題歌タイトルは「スキルフラワー」、劇場アニメは「はじまりの日々」となっている。両曲とも8月31日に発売となるCDに収録される。

 原作は『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の漫画で、自転車競技が題材。13年10月にアニメ第1期放送がスタートし、翌年に第2期も制作。来年1月より第3期が放送されることも決まっている。舞台化もされ、今回のドラマ版は舞台キャストがほぼ続投している。

最終更新:7月14日(木)17時56分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。