ここから本文です

スティーヴン・タイラー、ジョー・ペリーに「愛してるよ」

BARKS 7月15日(金)8時21分配信

エアロスミスのスティーヴン・タイラーが、ステージで倒れたバンド・メイト、ジョー・ペリーへ愛を送った。ペリーは日曜日(7月10日)、アリス・クーパーと結成したハリウッド・ヴァンパイアーズの公演中に倒れ、現在、容態は安定したと言われるが、まだ入院している。

◆エアロスミス画像

スティーヴンは月曜日(11日)こうつぶやいた。「愛してるよ@JOEPERRY…君のもとに送られている何百万もの祈りを感じてくれ…俺らみんな、君を愛している…癒しのエネルギーやなんやらを送っている…」

また、トム・ハミルトン(B)は「有り難いことに、ジョーは最初に俺らが恐れていたよりいいようだ。彼が早くステージに戻り、彼が愛していることができるよう願っている!」と、ジョー・クレイマー(Dr)は「@JoePerry、愛してる! 俺らはブラザーズ@Aerosmithだ & 俺らの兄弟愛は永遠だ」とつぶやいた。

このほか、ハリウッド・ヴァンパイアーズでペリーとパフォーマンスしていたアリス・クーパーとマット・ソーラム、スラッシュ、ミック・マーズ、トム・モレロらからお見舞いの言葉が届いている。

ペリーのTwitterでは、「ジョーのことを心配してくれるファンのみんな、ありがとう。彼の容態はいま落ち着いており、家族が付き添い、最良のケアを受けている」と伝えている。

Ako Suzuki

最終更新:7月15日(金)8時21分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。