ここから本文です

Noble Audio、新フラッグシップモデルはKatana

BARKS 7月15日(金)8時23分配信

高い品質と群を抜くサウンドクオリティを持ち世界中から高い評価をほしいままにするカスタムIEMブランドのNoble Audio(ノーブル オーディオ)から、Katanaと名付けられた新たなモデルが発表された。これまでのフラッグシップK10の座を譲る新たなフラッグシップモデルの登場だ。

◆Katana画像

Katanaは文字通り、日本刀の意味だ。伝統的な日本刀の刃の鋭さや鋼鉄から作られる頑強さ、その刀剣の美しさを吹き込むための巧みの精神を含め、名工の熟練の技術と凛とした美しさを持つ刀にファウンダーのWizardが感銘を受け、その敬意を表し最新作の名に用いたという。

新フラッグシップのKatanaは、軽やかで伸びきる空気感あふれるトップエンドと、みずみずしいミッドレンジ、インパクトのあるパワフルなローエンドの美しくを兼ねそなえ、完璧なサウンドバランスを持つという。Kanataを開発するにあたり、Wizardはその音質が非常に精密な正確さをもち、とてもしなやかな適応性がある点に、刀と類似していると感じたようだ。

Katanaは異例とも言える9ドライバーを搭載したモデルで、独自の専用バランスドアーマチュアドライバーNOBLE Driversを片側に9機搭載している。Kaiser 10の登場から3年の月日をかけて誕生した、新フラッグシップだ。

なお。Katanaというジャパニーズトラディショナルを意識させるモデルをより美しく彩れるよう、日本製のマテリアルを使ったスペシャルオプションとして、宇宙航空研究開発機構JAXAを始めとした研究グループ により、国際宇宙ステーション(ISS)で宇宙実験を行い、その成果を更に進化させて誕生した人工オパールを用いた、フェイスプレートが用意される。ブラックオパールとホワイトオパールの2色から新たなオプションとして選択が可能とのことだ。

また、日本代理店を務めるWAGNUS.からは、「Development Flagship Cable, Code#3」と名付けられた新作ケーブルも発表された。Katanaのために開発された最高クラスのケーブルとして、バンドルオプション(通常価格より割引&バンドル先行発売)としてリリースされる。

Noble Audio Katana
2016年7月16日
Noble Audio Katana C 税込265,000円
Noble Audio Katana SLA 税込226,800円
Noble Audio Katana Prestige税込 375,000円~※マテリアルにより価格は変動
※プレミアムマテリアル“ハイブリッドオパールオプション”税込43,200円
・Development Flagship Cable, Code#3 税込98,800

最終更新:7月15日(金)8時23分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。