ここから本文です

【ライブレポート】大塚愛、11年ぶりのミラクルで満天の星空

BARKS 7月16日(土)20時25分配信

7月7日、8日の2DAYS、長野県阿智村で大塚愛の<ai otsuka AIO PIANO -星の音楽会->が開催された。

◆<ai otsuka AIO PIANO -星の音楽会->画像

会場となった長野県阿智村の「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」は、日本一の星空が見られる場所として知られるところで、ゴンドラに乗って、片道全長2,500m・15分間を経て移動、まさに天空の楽園のような場所に野外特設ステージが設置されていた。

7月7日七夕。日没の19:45。会場内の明かりが消されて、七夕にまつわる朗読が始まる。ステージの薄明かり照明が点灯し、大塚愛がステージイン、グランドピアノを弾き始めてライブはスタートした。


「プラネタリウム」「クラゲ、流れ星」など星空にぴったりな楽曲、そして名曲「見上げてごらん夜の星を」がカバーで披露され、MCでは「7月7日はずっと雨でした。絶対今年も雨って思っていたんですけど…みんなの晴れパワー!めずらしく7月7日、晴れました」と、笑顔で語られた。実際、長野県では11年ぶりの晴れとなるミラクルだったとか。

この日、配信限定リリースされた「日々、生きていれば」でライブは終幕、大きな拍手と共にあたり一面、満天の星空が広がっていた。

両日とも、来場者に配布されたポストカードには
「日々、生きていれば
 誰もが喜びを得るだろう
 誰もが悲しみを得てしまうだろう
 誰もが手を繋ぎたくなることがあるだろう
 生きていれば。」 #ヒビイキ
というメッセージが添えられていた。

<ai otsuka AIO PIANO -星の音楽会->
1.プラネタリウム
2.見上げてごらん夜の星を(カバー)
3.恋愛写真(7/7)/金魚花火(7/8)
4.クラゲ、流れ星
5.日々、生きていれば

「日々、生きていれば」
【iTunes】https://itunes.apple.com/jp/album/id1126661782…
【レコチョク】http://recochoku.com/a0/ai_0706ep/
【mu-mo】http://q.mu-mo.net/of/otsuka_160706/
【music.jp】http://goo.gl/lhKNCM
【mora】ハイレゾ http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-18474_F/
【mora】通常版 http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-18375/

『ai otsuka LIVE BOX 2015 ~TRiCKY BORNBON~』
[DVD2枚組]AVBD-92288~9 \7,800 (tax out)
[Blu-ray2枚組]AVXD-92290~1 \8,800 (tax out)

最終更新:7月16日(土)20時25分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。