ここから本文です

卍LINE、10周年の節目に初のアナログ作品。実弟RUEEDとの競演曲も

BARKS 7月13日(水)18時6分配信

卍LINEが、初のアナログ作品『卍LINE BEST AKIO BEATS REMIX』をリリースする。

俳優として活躍する窪塚洋介は、レゲエDeejayとして2006年から卍LINEとして活動をスタート。そしてこのたび、昨年2015年にリリースされたベスト・アルバム『卍LINE BEST』から、卍LINE自身が絶大な信頼を寄せる朋友・関西のプロデューサー/トラックメーカー、AKIO BEATSによってリミックスされた全15曲が、アナログ・フォーマットでリリースされることが決定した。

「ブンシャカラカ」で幕開け、実弟であるレゲエ・アーティスト RUEEDとの初競演となった哀愁のチューン「プリズンブレイク ~Free Your Mind~ feat. RUEED」など、AKIO BEATSによって一層強固なクラブ・サウンドへとブラッシュアップされている。

なお本作は、見開きゲートフォールド・ジャケットの豪華仕様、ナンバリング付き初回生産500枚の完全限定盤となっており、7月22日(金)よりオフィシャルサイトにて先行予約受付が開始される。

卍LINE/『卍LINE BEST AKIO BEATS REMIX』
2016年10月10日(月・祝)発売
レーベル:AMATORECORDZ / JET SET
JSLP074 ¥5,500円+税
形態:2LP
[収録曲]
■SIDE A
1.ブンシャカラカ
2.CENTER ENTERTAINER
3.ダンスホール深海魚

■SIDE B
1.FIRE BURNIN'
2.プリズンブレイク ~Free Your Mind~ feat. RUEED
3.KEY MAKER
4.韻 DE KILL TV

■SIDE C
1.幸運の女神
2.I wanna U
3.Be My Girlfriend feat. BIG BEAR
4.I LOVE U

■SIDE D
1.OH-EN feat. TAKE-T
2.Change The Energy
3.My Son My Sun
4.IKIRO

最終更新:7月13日(水)22時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。