ここから本文です

ヒステリックパニック、「しぐなる」MVにどん底から立ち直る様

BARKS 7月13日(水)20時43分配信

ヒステリックパニックが、7月20日に発売されるニュー・アルバム『ノイジー・マイノリティー』より新曲「しぐなる」のミュージック・ビデオを公開した。

◆「しぐなる」MV映像

「しぐなる」は、Gt./Chorの$EIGOがメイン・ヴォーカルをとり、楽曲・歌詞ともにヒスパニとしては極めてシンプルな構成のストレートなメロディック・ハードコア・ナンバーだ。作曲した$EIGOの「この曲はしっかりしとした歌詞を載せたい」という意見のもと、Vo.ともが以前から暖めていた歌詞のテーマがあてられたという。内に秘めた葛藤や孤独感を叫び続けるという重めのテーマながら、曲の後半では自分から殻をやぶって出ていくという一条の光のような希望を持たせたこの歌詞には、共感を覚えるファンも多いだろう。

そのミュージック・ビデオは、演奏シーンをメインにし、失恋した女性の心象になぞらえどん底から立ち直る様を描いている。楽曲の力強さを正面から表現した仕上がりだ。

アルバム『ノイジー・マイノリティー』
2016年7月20日(水)発売
■2016年7月20日(水)配信スタート
VICL-64602 ¥2,300+税
レーベル:BLACK SHEEP RECORDS
※初回プレス盤:秋のワンマン・ツアー【秋の竹城】超先行チケット予約抽選券封入

[収録曲]
1.The New Beginning
2.シンデレラ・シンドローム
3.Blood Ocean
4.エクストリームおっぱいダイナマイト8000
5.Brain Dead
6.Adrenaline
7.しぐなる
8.~Sprout~
9.ハナウタ
10.世界の尾張
11.なんてったってラウドル
12.Holograph
13.おわかれかい

最終更新:7月13日(水)20時43分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。