ここから本文です

独学の天才数学者ラマヌジャンの生涯を描く実話映画『奇蹟がくれた数式』

CINRA.NET 7月13日(水)13時12分配信

映画『奇蹟がくれた数式』が10月22日から東京・角川シネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(3枚)】

「アインシュタインと並ぶ天才」と称されたインドの数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャンの実話をもとにした同作。独学で数学を学ぶ傍ら、事務員として働いていたラマヌジャンを見出したイギリスの数学者G・H・ハーディとの出会いや、2人の友情、渡英後に重い病に倒れるラマヌジャンの波乱の生涯などを描く。原作はラマヌジャンの評伝『無限の天才 夭逝の数学者・ラマヌジャン』。

天才的な直感を持つラマヌジャン役をデヴ・パテル、ラマヌジャンをイギリスに招き、共同研究を始めるハーディ役をジェレミー・アイアンズが演じている。撮影はケンブリッジ大学トリニティ・カレッジの協力を得て、同カレッジ敷地内で行なわれた。

CINRA.NET

最終更新:7月13日(水)13時12分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。