ここから本文です

Apple Watchが牽引、ウェアラブル市場は60億ドル超規模へ

ReadWrite Japan 7/13(水) 22:30配信

今年の第1四半期もウェアラブルの売上の伸びは好調であり、その収益は60億ドルと年間で133%の成長を見せている。

ウェアラブル市場の売上が60億を超えた大きな要因は『Apple Watch』であり、登場してから1年経っていないにも関わらず、スマートウォッチ市場でもっとも成功した商品となっている。

ウェアラブルデバイスの平均単価は、リサーチ企業 Futuresource Computingの調べによれば、高機能モデルの伸長により$218と年間で50%の成長を見せている。この伸びにApple Watchの売上も貢献していることだろう。

Apple Watchはスマートウォッチ市場においてトップをとったが、時計業界全体においてもCasio, Citizen, Fossilといったメーカーを追い抜いたと思われる。SwatchやRolexなどはまだリードを保っているが、時計メーカーでない企業の参入は、業界におけるスマートウォッチの立場に影響を与えるかもしれない。

◇Xiaomi Mi Band 2 Reiview and difference from Mi Band 1S Pulse
https://youtu.be/Ez2TxG47h-s


■競争はフィットネストラッカーの価格を下げている

一方、『Fitbit』や『Jawbone』といったフィットネストラッカーの売上は、全体で1,000万ドルを突破しているものの出荷数の伸びは18%となっており、2014年から2015年での売上の伸びは40%と低迷している。

この主な要因は、Xiaomiの『Mi Band』だ。中国では、FitbitやJawboneその他のトラッカーと同じ市場で30ドル以下で販売されている。また、その他のフィットネスウェアラブルメーカーも廉価な選択肢を提供しようとしているところだ。

このようなデバイス平均価格の低迷により、2015年のフィットネス市場の伸びは2%にとどまっており、Future sourceは2016年も同じく低い数字に留まると予測している。

業界でリードしているFitbitを見る限り、フィットネス機能がスマートウォッチの未来を分ける要因になりそうだ。同社は昨年『Surge』という、フィットネストラッカーにスマートウォッチの基本的機能が備わったものを公開した。また、『Blaze』はこの傾向を踏襲している。

フィットネストラッカー市場の売上高は多くはないものの、この業界には人材や技術を求めたやり取りが多く見られる。たとえばNokiaは、フランスのフィットネスウェアラブル企業 Withingsを1億9,100万ドルで買収した。ちなみに、FitbitもCoinを買収したが、その額は明らかになっていない。

ReadWrite[日本版]編集部

最終更新:7/13(水) 22:30

ReadWrite Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。