ここから本文です

急激な事業拡大で資金が逼迫、不動産業者が債務整理

東京商工リサーチ 7/13(水) 14:39配信

 (株)アルファ・プロパティマネージメント(TSR企業コード:296817260、法人番号:9010001102612、渋谷区千駄ヶ谷4-3-11、登記上:中央区日本橋富沢町11-1、設立平成18年8月、資本金5000万円、代表清算人:三上邦夫氏)は6月30日、債務整理を古閑孝弁護士(アドニス法律事務所、千代田区九段北1-3-1、電話03-6272-9355)に一任した。現在、債権調査を行っており、今後の方針は未定。
 負債総額は21億8043万円(平成27年3月期決算時点)。
 不動産業を主体に事業を展開。JR山手線内を中心に不動産賃貸店舗を十数店舗構えるほか不動産管理業も行い、平成25年3月期には売上高94億7051万円をあげていた。また、太陽光発電や介護など新規事業に進出し、27年3月期は売上高203億4512万円と急伸した。しかし、急激な事業拡大に伴い、資金繰りで信用不安が聞かれるようになってきた。
 そのようななか、主力の事業等を他社に移管するなどして28年3月30日、株主総会の決議により解散していた。

東京商工リサーチ

最終更新:7/13(水) 18:30

東京商工リサーチ