ここから本文です

関東の鉄スクラップ輸出落札価格、電炉買値上回る

鉄鋼新聞 7/13(水) 6:00配信

 関東地区の鉄スクラップヤード業者で構成する関東鉄源協同組合(理事長・山下雄平ヤマシタ社長)は12日、7月契約の鉄スクラップ輸出入札を行い、1万8310円(H2、FAS)で1万5千トンの1件のみを落札した。前月の平均落札価格に比べ1456円の下落。ただ、足元の湾岸価格やメーカー購入価格に比べて高値の落札価格だったため、目先の市況には下支えの材料となりそうだ。

 今回は応札15商社のうち3社が辞退。休会中の1社を除き11社が合計17件を応札した。応札量の合計は14万3千トンで前月比1万8千トン増だった。
 入札の結果、1万8310円で1万5千トンの1件のみ落札した。
 今回は2番札も数量が1万5千トンで、上位2件を落札すると合計3万トンと予定数量の2万トンを大幅に上回るため、1番札までの落札にとどめた。なお、1万8千円以上の札入れは3件あり、上位13件が1万7千円以上の札だった。
 関東地区の鉄スクラップ市況は湾岸主導でジリ安となっており、12日時点のメーカー実勢購入価格(H2)は1万7千~8千円どころ。湾岸価格(同)は1万6千~6500円で安値寄り。今回の落札価格は現状の湾岸価格を大きく上回り、メーカー買値よりも高値だった。 
 関東鉄源協同組合による船積みはあす14~19日で5千トン、19~22日で5千トン、23~29日で1万トンが予定される。8月1日での契約残は今回の落札分を含めて2万5千トンとなる見通し。

最終更新:7/13(水) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。