ここから本文です

ダニエル太郎 初戦ストレート勝ち、第7シード破る<男子テニス>

tennis365.net 7月13日(水)8時53分配信

スキースター・スウェーデン・オープン

男子テニスのスキースター・スウェーデン・オープン(バスタッド/バスタード、クレー、ATP250)は12日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク117位のダニエル太郎(日本)は第7シードのH・セバリョス(アルゼンチン)を6-4, 6-2のストレートで破り、初戦突破を決めた。

この試合、ダニエル太郎はファーストサービスが入った40本中31本をポイントに繋げてセバリョスに1度もブレークを許さず、自身が掴んだ3度のブレークチャンスを全て活かして1時間10分で勝利した。

2回戦では、世界ランク89位のG・エリアス(ポルトガル)と対戦する。

今シーズン序盤は思うような成績を残せずにいたダニエル太郎だったが、4月のモンテカルロ・マスターズでマスターズ初勝利をあげ、全仏オープンでは1回戦でM・クリザン(スロバキア)の途中棄権によりグランドスラム初の初戦突破。続く2回戦では昨年覇者のS・ワウリンカ(スイス)に善戦した。

先日のウィンブルドンでは、1回戦でJ・モナコ(アルゼンチン)に5-7, 6-4, 3-6, 2-6で敗れた。

今大会の主なシード勢は第1シードにD・フェレール(スペイン)、第2シードにJ・ソウサ(ポルトガル)、第3シードにA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、第4シードにM・グラノジェルス(スペイン)。

昨年はB・ペール(フランス)がT・ロブレド(スペイン)をストレートで下して優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:7月13日(水)8時53分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。