ここから本文です

サンダース氏、クリントン氏支持を表明 トランプ氏打倒に「全力」

AFPBB News 7/13(水) 8:20配信

(c)AFPBB News

【7月13日 AFP】米大統領選で民主党の候補指名を目指していたバーニー・サンダース(Bernie Sanders)上院議員(74)は12日、同党からの指名を確実にしたヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官(68)への支持を表明した。

 両氏はニューハンプシャー(New Hampshire)州ポーツマス(Portsmouth)の高校で開かれた選挙集会に、初めて2人そろって姿を見せた。両陣営はここ数週間にわたり、共和党の大統領候補指名を確実にしたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)との11月の本選での一騎打ちに最善の形で臨めるよう、党の結束固めを目指した協議を続けていた。

 サンダース氏は集会での演説で、「彼女(クリントン氏)は民主党の大統領候補になる。彼女が確実に米国の次期大統領になれるよう、全力を尽くすつもりだ」と表明。さらに、「この選挙が重要でないと考える人がいたなら、改めて考えてみてもらいたい。ドナルド・トランプ氏が誰を最高裁判事に選ぶかを。そしてそれが市民的自由、権利の平等、わが国の将来にとって何を意味するかを」などと述べ、トランプ氏よりもクリントン氏の方が適任である理由を列挙した。(c)AFPBB News

最終更新:7/13(水) 8:20

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。