ここから本文です

元東大野球部の大越健介氏が語る日米大学野球秘話、後輩・宮台康平を激励

Full-Count 7月12日(火)23時45分配信

東大から33年ぶり選出の後輩に「信頼を勝ち得て試合で仕事ができるように」とエール

 第40回日米大学野球選手権大会が12日に新潟で開幕し、第1戦開始前に1983年の大学日本代表メンバーだった元東大野球部の大越健介氏が、後輩の宮台康平投手を激励した。その後始球式にも臨んだ大越氏は、スリークォーター気味のフォームで投球。外角高めのボール球に「届いただけでいいです。緊張してプレーボールって言われる前に投げちゃいました」と照れくさそうに笑った。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 現在、NHK政治部記者を務める大越氏は、33年前に東大野球部から初めて大学日本代表メンバーに選出された。今回代表入りしている宮台康平投手は、東大野球部からは大越氏以来33年ぶりの代表選出。試合前に激励を受けた宮台は、大先輩に声を掛けられると「(先発予定の第3戦)15日に合わせて調整しています」と笑顔で応えた。

 宮台の選出が決まった時、電話で祝福したという大越氏は「周りがいろいろ注目するだろうけど、早くチームの一員として信頼を勝ち得て試合で仕事が出来るように頑張って」とアドバイス。すでに第3戦での先発が決まっている後輩に「きちんと先発を任せてもらえるだけの認められ方をしている。多分ツボにはまれば、いいピッチングをしてくれると思う」とエールを送った。

試合前に高揚する選手たちに「若さをスポーツに掛ける気を感じた。ドキドキした」

 試合開始直前、代表ユニフォームを身にまとって高揚する選手たちの姿を間近にし、「彼らのストレートな、若さをスポーツに掛けている気みたいなものを感じた。久々にドキドキした感じがしましたね」と目を丸くした。「みんなカモシカみたい。僕なんかの時とは違う、新しいスポーツマンが今の時代はいる。すごくしなやかな足の長い、すごく運動能力の高そうな選手たちがパーッとグランドに散っていくのを見るとかっこいい」。

 そう話しながら、同時に33年前の思い出がよみがえってきた。

「ちょっと喉が渇くみたいな感じで、ブルペンに行っただけでも高ぶりましたもんね。マウンドに行った時は覚えていないくらい。普段曲がらないカーブを勝負球にしていたのに、カーブが曲がっちゃうんですよ。身体が異様な作用をするという(笑)。『おかしいな、オレじゃないぞ』って思っていたら、ファーストにいた広沢克巳(元巨人)がね、『お前らしくないぞ』って(笑)」

 当時の結果は打者2人を相手に1死も奪えずに降板。それでも代表メンバーとして戦った経験は、貴重な財産になった。

1/2ページ

最終更新:7月12日(火)23時45分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。