ここから本文です

米国鉄スクラップ相場、2カ月連続安

日刊産業新聞 7月13日(水)11時22分配信

 米国鉄スクラップ相場が2カ月連続で下落した。商社・流通などによると、海外市況の指標となる米国コンポジット(ピッツバーグ・シカゴ・フィラデルフィアの東部3地区平均)価格は、7月第2週時点で前週比11・67ドル安の208・50米ドル(HMS・No.1、約2万1600万円)。6月2週以来の下落でトルコ向けを中心とした鉄スクラップ輸出価格の下落に歯止めがかからず、国内市況にも影響したとみられている。

最終更新:7月13日(水)11時22分

日刊産業新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。