ここから本文です

「宇宙への興味を0から1に」学生団体『TELSTAR』が全国の高校生に向けてフリーマガジンを発行する理由

SENSORS 7/13(水) 17:01配信

首都圏の大学生を中心に、さまざまな大学から学生が参加する宇宙フリーマガジン『TELSTAR』編集部では、来る宇宙産業の発展に向けて、様々な分野にわたる人々が宇宙を舞台に活躍する基盤を作るため、全国の高校へ配布しているフリーマガジンを中心に、イベント、webページでの発信を続けている。
学生ながら「宇宙を広報する」という発想に至った理由とはなんだったのか。創設者で初代代表の城戸彩乃さんと今年から代表となった吉田華乃さん、記者の末澤卓さんに、創設のきっかけ、活動の指針について話を伺った。 その中で、「情報を発信する」という現代の情報社会における一つの活動スタイルにおける姿勢について多くを学ぶことができた。

【特別映像】“人工流れ星“は、どのように生み出される?

いにしえより人類の興味をかき立ててやまない「宇宙」。歴史の進歩とともに地球上に秘境と呼べるものが無くなって久しい今、宇宙への興味は想像の領域から、テクノロジーを用いて実際にその真理を解き明かすという段階へと移り、その発展は年々加速している。 そんな中で、『TELSTAR』編集部は多くの人が無意識に抱く「宇宙は理系のもの」という考え方に疑問を投げかけ、理系にとどまらない様々な分野から宇宙に関わる選択肢を提案している。学生フリーペーパーの祭典「Student Free Paper Forum 2013」ではグランプリを獲得。高校生をターゲットにした全国的な展開などの精力的な活動、そして宇宙への飽くなき興味を詰め込んだフリーマガジンは高く評価されている。

宇宙に関わるために理転。その経験が生んだフリーマガジンへのこだわり

創設者で初代代表の城戸さんは、現在首都大学東京の航空宇宙システム工学域という理系の大学院で学ぶ学生だ。しかし高校生の頃は文系のコースにいて、外交官になることを夢見ていた。そのなかで、あることをきっかけに宇宙に興味を持ち、のめり込むことになったという。


城戸: あるとき宇宙ゴミという、宇宙開発の副産物として生まれる宇宙の環境問題について知るきっかけがあり、それを自分の手で解決したい!と強く思ったことが、宇宙に興味をもった大元のきっかけでした。当時文系だった私は、「宇宙のことをやるからには理系に行かなければならない」と思い、そこから理系の勉強をして今の学部に入りました。しかし、学部で工学系の勉強をしながら宇宙に関する情報にアンテナを張る中で、実は文系でも宇宙に関わる人がたくさんいるということに気づかされました。宇宙に関わる法律や、宇宙を舞台にしたビジネスをするにあたって経済や経営にまつわることをバックグラウンドにしている方が多くいる。JAXAでも、後方支援を担当する部署の方には文系出身の方が活躍しているのです。

宇宙開発は理系に限ったことではないということが、これから宇宙開発が発展していくなかでより多くの人に知ってもらう必要があると感じたこと。そしてなにより、高校生だった頃の自分がそのことを知っていたら、文系で学ぶことを生かして宇宙に関わるなど、いろんな可能性を吟味した上で理系に転向するということができたのかもしれないと思ったことが、『TELSTAR』というフリーマガジンを立ち上げるに至った理由でした。 もともと雑誌を読むことは好きだったのですが、立ち上げた当時はフリーマガジンを作成する技術もなにもなかったので、美大生の友達や、宇宙に興味のある友達に声をかけ仲間を集め、試行錯誤しながら制作を進めました。

1/4ページ

最終更新:7/14(木) 11:42

SENSORS