ここから本文です

ドルトムント、シュールレに具体的なオファーを提示 今週にも移籍成立か

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)8時30分配信

問題は金銭面のみ

ドルトムントがヴォルフスブルクのドイツ代表MFアンドレ・シュールレ獲得に近づいているようだ。

ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督とシュールレはマインツ時代の師弟関係でもあり、かねてより同選手の加入は近いと伝えられてきた。ヴォルフスブルクのクラウス・アロフスSDは「シュールレを残したい」とコメントしていたが、移籍は避けられないのかもしれない。

独『Bild』によれば、ドルトムントはシュールレに対して2500万ユーロのオファーをしたという。ヴォルフスブルクの要求額は3200万ユーロであったため、合意とはいかなかったようだが、問題はその金銭面だけでドルトムントがその要求を満たせれば、移籍は今週にも実現するとみられている。

主力選手を一度に放出してしまったため、チームの作り直しを強いられているドルトムント。来季は前任のクロップ監督の色からトゥヘル色の強いチームとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月13日(水)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。