ここから本文です

大宮、メンバー変更で雪辱へ 13日G大阪戦「先制点で焦らせたい」

埼玉新聞 7月13日(水)7時50分配信

 年間6位に後退した大宮は13日、勝ち点30で並ぶ同5位G大阪と対戦する(19時・NAC)。G大阪とのJ1通算対戦成績は6勝13敗で必ず白黒がついている。3月の対戦では1―2で敗れて、G大阪にはJ1では4連敗中だ。渋谷監督は「先制点を奪って焦らせたい」とし、前節磐田戦から先発4人を入れ替えそうだ。

 チームは12日、高木サッカー場で最終調整し、11対11とセットプレーを行った。11対11の主力組は4―4―2布陣で2トップは今季初先発となる清水と、前節磐田戦で初得点したペチュニクだった。ボランチは4試合ぶり先発の横山、横谷が組んで初コンビになりそう。右MFには10試合ぶり先発のマテウスが入った。

 磐田戦で負傷交代した金沢は別調整でG大阪戦の出場は難しくなった。

 11試合ぶりにボランチでの先発が見込まれる横谷にゲームメークの期待が掛かり、渋谷監督は「ボールを動かしてもらいたい」と話した。G大阪は日本代表・宇佐美が海外に移籍したが、戦力ダウンはせず「個人のクオリティーが高い」と渋谷監督。優勝経験チームの底力を警戒していた。

最終更新:7月13日(水)7時50分

埼玉新聞