ここから本文です

「Pokemon GO」のユーザー、ポケモンではなく死体を見つける

ギズモード・ジャパン 7月13日(水)15時10分配信

現実はVRより奇なり。

すでに爆発的な人気を見せている無料アプリゲーム「Pokemon GO」。ユーザーがあっちへこっちへと実際に移動しながら、AR上でポケモンを探す仕組みですが、まさかポケモンを探していたら死体を発見してしまうとは…。

死体が発見されたのは、アメリカはワイオミング州。発見者はShayla Wigginsさん、19歳。現地時間で7月8日金曜日、Wigginsさんは、リリースされるやいなや始めたPokemon GOをやりこもうと、家の裏手にある川に向かいました。ポケモンいないかなーと川辺を歩いていると、見つけたのはポケモンではなく、うつぶせで川の中に倒れている男性。すぐさま警察に通報。警察が男性の死亡を確認、事故死だったということです。

Wigginsさんは、ネタ元のCNNに「Pokemon GOをしてなかったら、あの場所には行ってなかった」と語っていて、まさにポケモンが解決した事件ともいえそうです。トラウマになりそうなもんですが、Wigginsさんは、今後もPokemon GOを続けるということです。ゲーマー魂だね。

image by ThomasDeco / Shutterstock.com
source: CNN
(そうこ)

最終更新:7月13日(水)15時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]