ここから本文です

航空革命実現へ。完全ソーラー飛行機が最終中継地のエジプトに到着

sorae.jp 7月13日(水)14時52分配信

完全ソーラー発電の飛行機で世界一周することにより、クリーンエネルギーの可能性を世に広める「Solar Impulse 2」プロジェクト。すでに地球を半周以上飛行している同プロジェクトですが、とうとうゴール目前のエジプトにまで到着しました。
 
Solar Impulse 2は大西洋時間の午後10時13分に、エジプトのカイロ国際空港に到着。パイロットのAndre Borschberg氏はたった一人で、2日におよぶスペインからエジプトまでの飛行を成し遂げました。エジプトに到達したSolar Impulse 2とピラミッドの対称がなんとも幻想的ですね!
 
今後はパイロットをもう一人のBertrand Piccard氏と交代し、いよいよラストとなる17回目のフライトで出発地点のアブダビまで飛行する予定です。アブダビをスタートしたのが2015年の3月ですから、もう1年半近くも世界中を飛んできたことになるんですね。
 
今回の飛行では、Solar Impulse 2は合計3,706kmを48時間51分かけて、ソーラー発電した電力のみで飛行してきました。また昼間には発電分をバッテリーに充電し、夜間にその電力を利用するなどの工夫も行われています。最後のフライトの予定日はまだ発表されていませんが、世界中を飛び回ってきたSolar Impulse 2ならきっと成功させることでしょう!

最終更新:7月13日(水)14時52分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]