ここから本文です

インテルが右サイドハーフにナポリのバックアッパー獲得へ しかしナポリ側の考えは……

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)9時40分配信

ガッビアディーニに注目

最低でもチャンピオンズリーグ出場権確保、さらにはその先にあるスクデット獲得を目指す2016-17シーズンのインテル指揮官ロベルト・マンチーニは、右サイドハーフを担当できる選手を探している。昨季のインテルは堅守をベースに序盤戦で1-0の勝利を連発していたが、相手を崩す攻撃力が欠けていたのも事実だ。昨季ゴンサロ・イグアインとロレンツォ・インシーニェを軸に2位でフィニッシュしたナポリは、リーグ戦で80得点奪っているのに対してインテルは50得点と30点差がついており、この状態で優勝を狙うのはなかなかに難しい。

そこで現在インテルが狙いを定めているのがナポリFWマノロ・ガッビアディーニだ。ガッビアディーニはナポリの強力3トップのバックアッパーとしてベンチを温める機会が多く、退団も噂されてきた選手だ。インテルは当初ラツィオのアントニオ・カンドレーヴァ、サッスオーロのドメニコ・ベラルディの獲得を狙っていたが、彼らを狙うクラブは複数存在する。

そこでマンチーニが目をつけたのが、ナポリでくすぶるガッビアディーニだ。しかし、伊『Calciomercato』はガッビアディーニ獲りも簡単ではないと伝えている。ナポリ側はガッビアディーニ獲りに2500万ユーロを要求しており、さらに放出する場合にはイタリア国内ではなく外国のクラブに出したいとの考えを持っているという。

インテルとしては得点力のある選手を1人か2人は加えておきたいところだが、ナポリを納得させることができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月13日(水)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報