ここから本文です

ホンダ 新型フリードの姿を新たに公開!パワートレーンもHVと1.5直噴の2タイプと判明

オートックワン 7/13(水) 15:47配信

ホンダが今秋に発売を予定しているコンパクトミニバン新型「フリード」の姿をHondaホームページ上で先行公開した。

ホンダ新型フリードを写真でチェック(画像11枚)

すでにシルエットは6月下旬にこのHP上で公開済み だったが、新たにサイドビューと、フロントの細かいディテールもわかる画像を追加公開した。

さらにこれまで未公開だったパワートレーンも同時に公開。スポーティハイブリッドの「SPORT HYBRID i-DCD」と、力強い直噴ガソリンエンジンの「1.5リッター直噴DOHCi-VTEC」の2タイプが用意される。

また、この新型フリードハイブリッドから、ハイブリッド車用駆動モーターに適用可能な高耐熱性と高磁力を兼ね備えた、重希土類(レアアース)完全フリー(不使用)熱間加工ネオジム磁石を世界で初めて実用化し、採用するとも発表されている。

ホンダ・フリードは、2008年にモビリオの後継としてデビュー。「ちょうどいい」をコンセプトに、コンパクトなボディサイズの5ナンバー車ながら、広々とした室内空間や使い勝手を兼ね備えることで、ファミリー層を中心に幅広く支持されてきたコンパクトミニバンモデル。

フルモデルチェンジで、2代目となるフリードが居住性、燃費性能、走行性能などさらに進化して登場するという。

最終更新:7/13(水) 15:47

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。