ここから本文です

ルノー、パリが仕立てたコンパクトカー「新型トゥインゴ」を発売

オートックワン 7/13(水) 19:20配信

ルノー・ジャポンは、「新型トゥインゴ」を9月15日(木)から販売すると発表した。価格(消費税込み)は、「インテンス」が189万円、「キャンバストップ」が199万円となる。

【フォトギャラリー】ルノー 新型トゥインゴ

新型トゥインゴは、パリが仕立てたコンパクトカー。美意識の高いパリに暮らす人々の審美眼に応える新型トゥインゴは、初代トゥインゴやサンクのデザインエッセンスを最新のルノーデザインに取り入れ、ひと目でトゥインゴとわかるデザインとした。

6色のボディカラー、3色のインテリアカラーのバリエーションも、トゥインゴの個性を際立たせている。

歴史と伝統に育まれたパリの街には、細い路地や石畳の路面、急な坂道が数多く走っている。

このパリの入り組んだ路地をきびきびと走るために、新型トゥインゴは革新的なリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採用した。

そして、これまでエンジンを積んでいたフロント部に生まれたスペースを利用し、タイヤの切れ角を増やすことで、最小回転半径4.3mという高い小回り性を実現した。

リアに搭載されるエンジンは最高出力90ps/5,500rpm、最大トルク135N・m/2,500rpmを発生する0.9Lターボエンジンで、トランスミッションは、2組のクラッチシステムによりエンジンからの出力をスムーズかつ効率良く伝える6速エフィシエントデュアルクラッチ(EDC)が組み合わされる。

シンプルで自分らしい暮らしを大事にし、自分の価値観に適ったものを選ぶ パリジャン、パリジェンヌに、性能や装備、経済性を併せ持つ新型トゥインゴが選ばれている。

最終更新:7/13(水) 19:25

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。