ここから本文です

新型セレナに自動運転機能を初搭載へ 高速の単一車線走行に対応 日産

乗りものニュース 7月13日(水)16時14分配信

渋滞時と巡航走行時のいずれにも対応

 日産は2016年7月13日(水)、今年8月下旬に発売を予定しているミニバン「セレナ」の新型車に、自動運転技術「プロパイロット」を初めて搭載すると発表しました。

【今もっとも売れているクルマは何? 乗用車販売台数ランキング最新版】

「プロパイロット」は高速道路の単一車線を走ることのできる自動運転技術です。画像処理ソフトを搭載した単眼カメラで前方車両や白線を瞬時かつ三次元的に把握し、その情報をもとにハンドル、アクセル、ブレーキの制御を行います。

 システムの起動や設定は、ステアリングスイッチの操作で可能。また、システムの状態を示す専用ディスプレイも採用されます。システム作動時は、ドライバーが設定した車速(30~100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走るようハンドル操作が支援されます。

 先行車両が停車するとシステムが自動的にブレーキをかけて停車。先行車両が発進したときは、ドライバーがレジュームスイッチを押すか、アクセルペダルを軽く踏むだけで、追従走行を再開します。

 渋滞時と巡航走行時のいずれにも対応しており、「人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現」(日産)するといいます。渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカーでは初の技術ということです。

 今後について日産は、2018年に高速道路での車線変更を自動的に行う複数レーンでの自動運転技術を、2020年には交差点を含む一般道での自動運転技術をそれぞれ投入する予定としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月13日(水)18時56分

乗りものニュース