ここから本文です

FAの要求が高すぎる!? イングランド代表監督に求めるはグアルディオラのようなポゼッションスタイル

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)11時40分配信

イングランド人指揮官にそれができるか

EURO2016ベスト16敗退の責任を取って辞任を表明したイングランド代表監督ロイ・ホジソンの後任を探すイングランドサッカー協会(FA)は、イングランド人指揮官から外国人指揮官まで様々な人物をリストアップしている。基本的には自国の指揮官に任せたい考えの方が強いようだが、FAが求めているものは非常にハイレベルだ。

自国の指揮官に任せる場合は現在サンダーランドを率いるサム・アラダイスが有力候補に挙がっているが、FAは次期監督にジョゼップ・グアルディオラのようなポゼッションをベースとしたフットボールを求めているという。彼らの狙いはポゼッションをベースに相手を押し込み、ボールを奪われた場合は素早いプレスで相手を囲い込むスタイルで、それはまさにグアルディオラが理想としているものでもある。

英『Daily Mail』はアラダイスがイングランド代表監督になりたい場合はサンダーランドでグアルディオラのようなフットボールを見せる必要があると伝えており、あまりにも要求のレベルが高い。しかもアラダイスはイングランド独特のロングボールを使ったスタイルで長年戦っており、グアルディオラよりも明らかにダイレクトなフットボールを好んでいる。

まだアラダイスになると決まったわけではないが、FAとアラダイスの目指す方向性は全く違うものだ。ホジソンのチームはポゼッション率が高いだけのチームとなっていたが、アラダイスはFAの要求をクリアできる指揮官なのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月13日(水)11時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。