ここから本文です

斎藤佑、ハム連勝ストップ直後に先発へ 今季初勝利へ鍵は?

Full-Count 7月13日(水)10時53分配信

チーム連勝15でストップ、斎藤佑先発で再び流れ引き寄せられるか

 日本ハムの斎藤佑樹投手が今季初勝利を目指し、12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で先発する。301日ぶりの白星がかかったマウンド。6ゲーム差で追う首位・ソフトバンクとの差を縮めて、前半戦を締めくくりたいところだ。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 オリックス戦は今季初登板。昨年は2試合登板、0勝2敗、防御率6.17だった。12日のスタメン選手との昨季対戦成績は以下の通り。極端な数字が出てくる。

(二)西野 対戦なし
(遊)安達 5打数無安打
(右)糸井 5打数4安打
(一)T-岡田 3打数2安打
(左)ボグセビック 対戦なし
(指)ブランコ 3打数無安打
(三)伏見 対戦なし
(中)駿太 5打 数3安打
(捕)若月 2打数無安打

 安達、ブランコ、若月の右打者に計10打数無安打と完璧に抑えているのに対し、糸井、T-岡田、駿太の左打者には計13打数9安打と打ち込まれている。

 さらに、ベンチ入りメンバーでは左打者の小島と2打数無安打に抑えているものの、左打者の小田に対しては7打数2安打だった。左打者に対する外角へのツーシーム、フォークの制球力が鍵となりそうだ。

 今季は7試合登板、0勝0敗、防御率は3.00。6月29日の西武戦(札幌ドーム)で今季初先発を務めたが、5回途中5安打2失点で降板。勝ち負けはつかず、チームは5-3で勝利したものの、斎藤は「与四死球(2四球2死球)が多くなってしまい、 流れが悪くなりました。ただ、僕ができる精いっぱいの投球。次への課題にしていきたい」と振り返っていた。

 栗山監督が「斎藤は試合を支配する力を持っている。チームに勢いを与えられることが出来る」と期待を寄せる右腕。15連勝で止まったチームを再び加速させたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月13日(水)11時9分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報