ここから本文です

AKB48・まゆゆ、小学生時代の写真公開に「NO整形」と西川史子が太鼓判。“完全な闇”の生活も明かす

E-TALENTBANK 7月13日(水)20時40分配信

12日放送の日本テレビ系「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」で医師の西川史子がAKB48の渡辺麻友の小学生時代について「完全な闇ですね」と発言する場面があった。

この日は渡辺、西川、上田まりえアナウンサーをゲストに迎え「トリオ THE 寝付けない女~夏の夜編~」というテーマでトークを繰り広げていった。そこで中学2年の時から夜中の3時まで「寝付けない」という渡辺のルーツを探るべく写真と共に渡辺の過去を紐解いていった。

その中で渡辺の小学生時代の恋愛事情に話がおよぶも、バレンタインのチョコレートを一度も渡したことがないといい、「好きになった事がないの?」と聞かれると「思い返してみたらとなかったんですよね」と答えると、西川から「そんな優等生?」と突っ込まれた。渡辺によると、周囲で付き合っている男女もいなかったのだそう。

そして、小学校6年生の頃にAKB48のオーディションに送ったという渡辺の写真が紹介されるとスタジオ中から「かわいいー」という声が上がる中、西川が「整形してないねえ」「NO整形、してない」と太鼓判を押すと、渡辺自身も「整形はしたことないです」と断言していた。

この頃の渡辺は食事中も家族と会話をせず、学校ではクラスの幽霊状態であったことが明かされた。渡辺も「現実より架空の世界にのめり込んでいた時期ですね。だから家族との会話も無かったです、その時期。家に帰ってもすぐパソコンに直行してずっとカチャカチャやってた。(家族とは)ごはん中も会話ほぼなかったくらい」とコメントすると、西川に「完全な闇ですね」と言われてしまった。

最終更新:7月13日(水)20時40分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。