ここから本文です

<高校野球>蕨、狭山ケ丘を完封 2日間休養、16日3回戦16試合/埼玉大会

埼玉新聞 7月13日(水)22時47分配信

 (13日・県営大宮ほか)

 第5日は10球場で2回戦の残り25試合が行われ、3回戦に進出する64チームが出そろった。

 蕨は2年生エース右腕小長が昨秋4強の狭山ケ丘を1安打完封。三、四回といずれも敵失に乗じて奪った3点を守り切った。熊谷工は1点を追う九回2死三塁、3番関根の中前適時打で同点に追い付くと、4番蓮沼がサヨナラ2ランを放って川口工に8―6で競り勝った。

 埼玉栄は2点差で迎えた九回2死一、二塁から石井、西本の連続適時打で城西大川越に6―5と逆転サヨナラ勝ち。浦和東は延長十二回に篠原の左前適時打で勝ち越し、7―6で川越との激闘を制した。大宮東、南稜、越ケ谷のDシード勢もそれぞれ順当に3回戦へ駒を進めた。

 2日間の休養日を挟み、第6日は16日、県営大宮など6球場で3回戦16試合を行う。

■13日の勝敗

 ▽2回戦

立教新座15―1久喜北陽

星野14―1三郷工技

浦和実6―3独協埼玉

松山7―0草加西

大宮東8―0細田学園

蕨3―0狭山ケ丘

栄北12―1新座総合技術

春日部24―0羽生実

埼玉栄6―5城西大川越

埼玉平成13―1鶴ケ島清風

与野8―0朝霞西

白岡28―0妻沼

羽生一8―0岩槻商

南稜12―0草加

越ケ谷4―2国際学院

鷲宮9―2和光

熊谷工8―6川口工

叡明7―5城北埼玉

岩槻6―1飯能南

市川口7―0越谷東

武南3―2秩父

浦和東7―6川越

三郷北7―2日高

浦和9―2新座

川越西2―1大宮北

最終更新:7月15日(金)13時51分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]