ここから本文です

バルサがフランス代表獲得を14日にも発表? PSGの22歳を23億円で獲得へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)12時20分配信

最終ラインの補強を進めるバルセロナ

バルセロナによるフランス代表DFとのサインは、サミュエル・ユムティティだけでは終わらないのかもしれない。リーグアン王者パリ・サンジェルマンに所属する同国代表DFルカ・ディーニュがスペイン参戦へと近づいているようだ。

リールでプロとしてのキャリアをスタートさせたディーニュは攻守において絶大な影響力を発揮する新進気鋭の左サイドバックで、2013年にフランスの名門PSGに加入。しかしながら同クラブの分厚い選手層を前にポジションを確保することができず、昨夏にはローマへレンタル移籍していた。仏『RMC』は最終ラインの強化を模索するバルサが移籍金2000万ユーロ(約23億円)でディーニュを獲得することになると伝え、スペイン紙『as』によると早ければ14日にもカンプノウで入団会見が行われることになるという。

先のユーロ2016では出場機会に恵まれなかったものの、ディディエ・デシャン率いるフランス代表にメンバー入りしていたディーニュ。22歳の将来性溢れるSBは、来季バルサでそのクオリティを発揮することになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月13日(水)12時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。