ここから本文です

誰もが1度は見たかったルーニーとモウリーニョのタッグ ルーニー「ジョゼと仕事ができることに興奮している」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/13(水) 15:30配信

エキサイティングな時間がくると語る

デイビッド・モイーズ、そしてルイ・ファン・ハールと2人の指揮官の下で難しい時期を経験してきたマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、クラブを救うためにやってきたジョゼ・モウリーニョとの仕事に興奮している。モウリーニョも以前からルーニーのことを高く評価してきた人物で、この2人のコンビはサッカーファンとして1度は見てみたいものだったはずだ。

マンU公式サイトによると、ルーニーはモウリーニョを世界最高の指揮官の1人と評価しており、これからマンUにエキサイティングな時間が訪れるはずとコメントした。

「僕は今季世界最高の指揮官の1人であるジョゼと仕事ができることにとても興奮しているんだ。加えてチームにとってもエキサイティングな時間になると思う。僕は常に彼を1人の人間として、そして指揮官として尊敬してきた。彼は良い人物だし、最も成功を収めてきた指揮官の1人だからね」

「僕は選手として常に高いモチベーションを持っていると言いたいけど、新しい指揮官がきたときにモチベーションが上がらないと言えば嘘になる。選手全員がジョゼと仕事ができることを喜んでいると確信しているし、みんな彼にアピールしたいと考えているはずだよ」

「彼のチームとは何度か対戦したけど、簡単だった試合は思い出せない。それが彼への評価だ。彼のチームに勝つのは難しい。戦術的にも訓練されているし、何より彼は成功を収めている」

モウリーニョは昨季チェルシーで失敗してしまったが、そのリベンジの意味を込めてマンUでの仕事に燃えていることだろう。ルーニーもクラブの評価を取り戻そうと燃えているが、熱いルーニーとモウリーニョのコンビでプレミアリーグを制することができるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/13(水) 15:30

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]