ここから本文です

ジルーにとってナポリは理想的? 代理人「彼はあそこが最高のチームだと分かっている」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)15時30分配信

今後もアーセナルで続ける?

アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの代理人ミカエル・マヌエッロ氏は、ナポリのフットボールがジルーを惹きつけていることは否定しなかったものの、具体的な接触については明確に否定している。

今夏のマーケットでワールドクラスのストライカー獲得を模索するアーセナルは先日、破格の移籍金にジルーを加えた“メガオファー”でナポリのエース、ゴンサロ・イグアインとの契約を狙うのではないかと報じられていた。非現実的なメディアの憶測かと思われたが、意外にもマヌエッロ氏はジルーにとってナポリが理想的な環境になりうると話している。『Mediaset』が同代理人のコメントを伝えた。

「オリヴィエがナポリへ移籍することを恐れることなど無いよ。それどころか、彼はあそこを最高のチームだと分かっている。フットボーラーにとって素晴らしい選手生活を過ごすことができる場所だとね。マウリツィオ・サッリ監督が敢行するサッカーのスタイルも、ジルーの良さを存分に生かせるかもしれない」

だが、マヌエッロ氏はナポリ側とコンタクトを取ったことはないと話している。

「もちろんオリヴィエはアーセナルに在籍する選手だ。現段階ではいかなる通達も無いよ。ナポリ側とも一切コンタクトは取っていない。アーセナルから退団するように宣告されれば、状況は変わるだろうがね」

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月13日(水)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。