ここから本文です

ロジャース監督、セルティックの初陣で大失態 UCL予備予選でセミプロに敗戦「得点できる十分なチャンスはあった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)16時32分配信

スタートはどん底

セルティックは現地時間12日、UEFAチャンピオンズリーグの予備予選2回戦1stレグでジブラルタルのセミプロチーム、リンカン・レッド・インプスに0-1で敗れた。

元リヴァプール指揮官で今シーズンからセルティックを率いるブレンダン・ロジャース監督は初陣となった試合を振り返り、「私たちは試合を支配し得点できる十分なチャンスを作っていた。ピッチではときどき、こういうことも起こり得る」と語っている。『the guardian』が伝えた。

そして「ファンは本大会に進むことを期待している。この試合は残念な結果となってしまったが、選手たちは良いグループになっている。この予選はホームでの2ndレグ次第だと思っていた。私たちにはファンのサポートが必要だ」と訴え、ホームで行われる2ndレグでの巻き返しを誓っている。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月13日(水)16時32分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。