ここから本文です

先制弾の巨人阿部が今度は適時打 広島黒田の200勝が遠のく一打に

Full-Count 7/13(水) 19:57配信

新人・山本の左中間二塁打が口火

 巨人の阿部慎之助捕手が6回、貴重な追加点となるタイムリーを放った。

 2点リード6回先頭、新人の山本泰寛内野手が広島先発・黒田の外角低めのボールをうまく拾い、左中間へ二塁打。得点への口火をきった。

 坂本、長野の3、4番は倒れたが、2回に先制本塁打の阿部が今度はきっちりと右前適時打。大きな2点目が入った。

 阿部は黒田との昨年の対戦成績は5打数2安打。今季初対戦では3打数2安打2打点と相性の良さを発揮した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/13(水) 19:57

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]