ここから本文です

広島黒田、日米通算200勝はお預け 7回途中6失点、王手から2戦連続で足踏み

Full-Count 7月13日(水)20時25分配信

本拠地で大記録ならず、村田に2ラン被弾

 広島の黒田博樹投手が13日の巨人戦(マツダスタジアム)で先発。7回途中6失点で降板し、日米通算200勝を逃した。

 2回先頭に阿部の右越えソロで先制されると、6回は2死三塁から阿部の右前適時打、村田の左越え2ランで3失点した。続く7回も1死三塁から橋本到の左翼フェンス直撃の適時二塁打を許すと、2死二塁から坂本に中前適時打を許した。

 6回2/3で110球を投げ、5奪三振無四球、10安打6失点。大記録に王手をかけてから、2試合連続で足踏みとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月13日(水)20時25分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)