ここから本文です

[移籍]バルサ育ちの有望株 アーセナルのヤングスター、MFトラルがグラナダで武者修行

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)19時10分配信

昨季はバーミンガムでプレイ

グラナダはアーセナルからMFジョン・トラルをローン移籍で獲得した。クラブの公式サイトが伝えている。

現在21歳のトラルはバルセロナの下部組織出身。バルセロナのユース時代にはセルジ・サンペールと中盤でパートナーを組んでいた。その後、トラルは2011年にDFエクトル・ベジェリンとともにアーセナルに加入。アーセナルのU-18とU-21で2シーズンプレイし、その後2014-2015シーズンにはブレントフォード(イングランド2部)、2015-2016にはバーミンガム・シティ(イングランド2部)にローン移籍で加入した。バーミンガムでは36試合に出場し8ゴールを記録する活躍を見せていた。

トラルはU-19スペイン代表に選出された経歴を持つ。中盤の選手ながら184センチメートルと長身で、スピードとテクニックを兼ね備えるうえに空中戦でも強さを発揮する。来季はグラナダでプレイするヤングスターの活躍に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月13日(水)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。