ここから本文です

G田口が広島戦&地元初勝利 10差も「最後は巨人来たなと思ってもらいたい」

Full-Count 7月13日(水)21時27分配信

広島戦9試合目で初勝利、凱旋勝利に「もっと早く勝てれば良かった」

 6-0の完勝で試合が終わると、ベンチから喜びをかみしめながら巨人田口はハイタッチの列に並んだ。左手は力強くガッツポーズ。長かったプロ広島戦初勝利。地元の広島・マツダスタジアムでも、もちろん初めての凱旋勝利となった。

 6回を投げて3安打無失点。絶好調の広島打線を抑えた活躍。田口はヒーローインタビューに応じた。「昨日、映像をずっと見ていて、(相手打線は)切れ目がないという印象の中マウンドに上がりました。気持ちの面では、チームに勢いをつけるんだと思って投げました」と気合を入れて立ち向かったという。

 四球で走者を出しながらも、小林誠との呼吸の合った投球で広島打線を封じた。デビューした昨年からこの登板まで広島戦は8戦未勝利。9戦目でようやく1勝目を挙げた。

 広島新庄高校出身の左腕はマツダスタジアムでも初勝利。凱旋勝利となった。「もっと早く勝てれば良かったんですけど。こういう形で勝てて良かったです」。日米通算200勝のかかっていた相手先発・黒田は田口にとってあこがれの存在。「もう何度も対戦させていただいていますが、いつも学ぶことばかりです」と敬意を払った。

 後半戦もエース菅野とともにフル回転の期待がかかる。「まだまだ、ウチにもチャンスがある。やっぱり最終的にはジャイアンツ来た! といってもらえるようにがんばっていきたい」と締めくくった。前半戦は首位広島と10ゲーム差がついた。くらいついていくためには田口の力投は不可欠だ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月13日(水)21時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。