ここから本文です

阪神福留が決勝二塁打、前半戦5位で終了 燕ペレスを攻略し、延長戦制す

Full-Count 7/13(水) 22:18配信

延長11回に決勝打、ヤクルトは最下位で後半戦へ

 阪神の4番・福留孝介外野手が試合を決めた。

 2-2の同点で迎えた延長11回、西岡の四球、江越の安打、盗塁なので2死二、三塁と好機を作った。ヤクルトは5番手の左腕・ペレス。福留は外角のスライダーをとらえると、浅目だった外野の頭を超えた。

 センターオーバーの貴重な2点二塁打。5回には2点目のソロを放っており、状態の良さを見せつけた。阪神は前半戦5位で終えた。敗れたヤクルトは最下位で後半戦へと入っていく。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/13(水) 22:18

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革