ここから本文です

「昨季より多くのゴールとアシストを挙げる」インテルの10番が新シーズンの躍進を誓った

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)21時30分配信

昨季の汚名を返上できるか

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは現在、ブルニコでトレーニングキャンプを行っている。そんな中、インテルの10番を背負うFWステファン・ヨヴェティッチがチームの現状と来季について語った。

インテルの公式チャンネル『Inter Channel』のインタビューに応じたヨヴェティッチは、まずキャンプについて「毎日2部練習だから少し疲れたけど、最初の週は非常に良かった。これからアメリカでの試合が控えているけど、フレンドリーマッチを行えたおかげで、その前に少しプレイすることができたからね。でも厳しいトレーニングの後だったから、僕たちはベストなパフォーマンスを発揮することができなかった。ただ、チームに合流していない選手が加わることで、チャンピオンズリーグの出場権獲得を目指せるチームになると思うよ」と述べた。

さらに彼は「インテルの雰囲気はすばらしい。トップチームに加わることで多くのことを学んでいる若者もたくさんいるんだ。そして、僕もしっかり準備をして昨季よりも多くのゴールやアシストを挙げ、チームが目的を達成するための力になるよ」と話した。

昨季あまり結果が残せなかったヨヴェティッチだが、新シーズンはインテルの期待に応えることができるのだろうか。FWとして目に見える形で結果を残してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月13日(水)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。