ここから本文です

バイエルン移籍の理由は欧州制覇 フンメルス「ここ数年、チームは常に上位に進出してる」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月13日(水)22時30分配信

大きな野望を語る

彼の話を聞けば、どうしてバイエルン・ミュンヘンへ移籍する決断を下したのかが分かるはずだ。今夏にドルトムントを去ったドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、その理由について言及している。

バイエルンの下部組織出身だったフンメルスは、2008年よりプレイしていたドルトムントを退団し、3800万ユーロという移籍金を古巣に残した。同選手の電撃移籍は多くの物議を醸し、“裏切りの移籍”とまで非難されたものの、彼にとっては必要不可避なステップアップだったようだ。独『Bild』がフンメルスのコメントを伝えている。

「僕の望みはあらゆる大会でタイトルを獲得することだ。ユーロは残念な結果に終わったけど、それと同じくらい僕はチャンピオンズリーグの制覇を夢見ている。もしもそれを達成できたら、僕のキャリアにおける全ての出来事を凌ぐ最大の喜びとなるだろうね。バイエルンはここ数年で常に上位に進出している。よって数年以内に大きなチャンスが訪れる可能性が高い」

ドルトムントでは2012-13シーズンにチャンピオンズリーグ決勝に進出していたが、奇しくもライバルのバイエルンに屈するという憂き目に合っている。彼は今夏のステップアップによって、念願の欧州制覇を成し遂げることができるだろうか。来季の奮闘に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月13日(水)22時30分

theWORLD(ザ・ワールド)