ここから本文です

高度成長期世相を映す 季刊誌「横濱」最新号

カナロコ by 神奈川新聞 7月13日(水)14時6分配信

 季刊誌「横濱」の最新号は、1960~70年代の高度成長期に大きな変貌を遂げた横浜を特集。本社所蔵の写真約160枚などで紹介している。

 東京オリンピックで県庁を出発した聖火リレー(64年)や九州から京浜工業地帯への集団就職のため、横浜駅東口で点呼を受ける不安そうな生徒たち(65年)など、世相を映した数々を掲載した。

 表紙の一枚などを撮影した元本社写真部長の大河原雅彦さん(72)は「写真は見るものではなく、読んでもらうもの。時を経て、脇役が大いに語る写真を味わってもらえれば」と話す。

 東海道新幹線の新横浜駅開業(64年)、市営地下鉄開通(72年)、横浜スタジアムオープン(78年)、横浜ドック最後の新造船(79年)をはじめ、町の風景、ファッション、港、スト、闘争、スモッグが覆う市街地、72年に廃止された横浜市電と多彩。読者から提供されたものも並ぶ。問い合わせは、神奈川新聞社電話045(227)0850。

最終更新:7月13日(水)14時6分

カナロコ by 神奈川新聞