ここから本文です

小吹隆文撰・週末アート、7/13~

Lmaga.jp 7/13(水) 22:00配信

「とにかく誰よりも現場を見て歩く」を信条に、美術ライター・小吹隆文が膨大なアートの海から、いま必見の展覧会をピックアップ! 今週は、映画、アニメ、妖怪をテーマにした展覧会が目白押し。夏休みに家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

あべのハルカスにフォースが宿る!?『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』

映画史上の名作「スター・ウォーズ」。このシリーズは、現時点で「エピソード4/新たなる希望」(1977年、日本では1978年)から「フォースの覚醒」(2015年)まで、7作が公開されています。銀河系を舞台にした壮大なスケールの物語は、魅力的な登場人物や、超常の力「フォース」、主人公親子の愛憎劇も相まって、今も世界中の人々を魅了しているのです。本展では、ジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストが制作した、「スター・ウォーズ」をテーマにした美術作品を展覧。映画の衣裳や小道具、ドロイドのC-3PO、R2-D2、BB-8をテーマにしたコーナーもあり、老若男女を問わず楽しめる企画になっています。

2016年7月16日(土)~8月30日(火)
あべのハルカス美術館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階

アニメファン感涙の展覧会が再び『日本のアニメーション美術の創造者  山本二三展 リターンズ』

「未来少年コナン」(1978年)、「天空の城ラピュタ」(1986年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)など、数々の名作アニメーションで美術監督を務めた山本二三。彼の優れた仕事は、2011年に神戸市立博物館で行われた「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」で紹介され、広く知られるところとなりました。それから5年を経た今年、山本二三の個展がさらにパワーアップして神戸に戻ってきます。展示作品は、アニメーション作品の背景画や、準備段階のスケッチ、イメージボードなど約220点。初期から現在までの代表作はもちろん、描き下ろしの新作も多数含まれており、前回を見た人でも新たな発見がある内容となっています。

2016年7月16日(土)~9月4日(日)
神戸ゆかりの美術館
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

1/2ページ

最終更新:7/13(水) 22:00

Lmaga.jp