ここから本文です

アロンソ、一時嵐の初日にトップタイム。ノートラブルで走行重ねる:シルバーストンF1合同テスト

オートスポーツweb 7月13日(水)7時7分配信

 12日、シルバーストンでのF1合同テストがスタートした。ザウバーを除く10チーム11人のドライバーが走行、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがこの日のトップタイムをマークした。

シルバーストンF1合同テスト1日目 エステバン・オコン(メルセデス)

 午後に激しい雨が降ったためタイム更新は見られず、全員が午前中にベストタイムを記録している。

 激しい雨と風のなか、ホームストレートのスタートライトの台から板が吹き飛ぶという事故があり、一時赤旗が提示された。幸いそこを通過中のマシンはなく、板が落下したのはレーシングラインから外れた場所だったため、大きな問題は生じなかった。
 
 この日のトップはマクラーレンのアロンソ。105周を走行するなかで、アロンソは1分31秒290を記録した。このタイムはアロンソ自身がイギリスGP予選で出したベストタイム(Q2で記録)より約0.5秒速かったが、予選ではソフトタイヤを使用したのに対し、テストではスーパーソフトを使ったことによる違いであるとみられる。


 2番手はメルセデス傘下の若手エステバン・オコン。初めてメルセデスW07に乗る機会を得たオコンは、123周と全ドライバー中最多の距離を走りこんだ。ドライコンディション時にはずっとミディアムタイヤで走行、トップのアロンソから1.543差のタイムとなった。

 ウイリアムズの開発ドライバー、アレックス・リンが3番手。リンはミディアム中心で走行を行っている。


 続く4番手はフェラーリのジュニアドライバーであるシャルル・ルクレール。イギリスGPでハースからFP1に初めて参加したルクレールは、この日、わずか19周の走行にとどまっている。午前中には空力関係の作業を行い、午後にはパワーユニットにトラブルが発生、天候も悪化したためあまり周回を重ねることができなかった。

 フォース・インディアの開発ドライバーであるニキータ・マゼピンがF1初走行を行い、5番手だった。


 6番手にトロロッソのカルロス・サインツJr、7番手にハースの開発ドライバー、サンティーノ・フェルッチが続いた。F1で初めて走行を行ったフェルッチは、この日、324.005kmを走行、スーパーライセンス取得に必要な条件ひとつを満たすことができた。この日のベストタイムはミディアムタイヤで記録している。

 ピレリの来年用タイヤのテストのために2014年型メルセデスで走行したパスカル・ウェーレインが8番手。

 ウェーレインが所属するマノーでは、リオ・ハリアントがステアリングを握り9番手。新パーツのテストを行ったハリアントはポジティブな感想を述べている。


 10番手はルノーをドライブしたセルゲイ・シロトキン。最下位11番手はレッドブルのピエール・ガスリーだった。ガスリーは午前中にRB12でコクピット保護システム“ハロ”を試したが、ドライコンディションでは電気系のトラブルのため7周しか走行できなかった。

 テストは翌13日まで続けられる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月13日(水)8時13分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]