ここから本文です

「ハロは問題はないが抵抗感ある」。レッドブルジュニアが第一印象語る

オートスポーツweb 7月13日(水)16時16分配信

 F1合同テストにおいて、レッドブルRB12でコクピット保護デバイス“ハロ”を試したピエール・ガスリーが、視界に関しては問題は生じないが、デザインに抵抗を感じるとの感想を述べた。

2016年第10戦イギリスGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ハロをテスト

 FIAはF1に来年からコクピット保護システムを導入したい考えであり、フェラーリが“ハロ”システムのテストを続け、イギリスGPではセバスチャン・ベッテルが“ハロ2”を装着してテスト走行を行った。


 レッドブルは異なるデザインのエアロスクリーンを開発したが、FIAのクラッシュテストで合格できず、ハロ型が採用される可能性が高まっている。

 シルバーストンでのF1合同テスト初日、レッドブルはRB12にハロシステムを装着、その日のテストを担当したガスリーが1周のインスタレーションラップを走った。

「視界の面ではあまり違いは感じない。でもヘルメットの上に何かがあるのが目に入ると少し変な感じだ。ストレートでは大きな三角形が自分の上に見える」とガスリーが述べたとF1iが伝えた。

「でも慣れることはできると思う。これがついていても走れるのは間違いないよ」


 F1にとってハロの導入はいいことだと思うかと聞かれ、「なんとも言えないな」とガスリー。
「僕は好きではない。僕にとってはF1はオープンコクピットだから。どうなるのか見ていくしかないね」

「(ハロがない方が)危険は大きい。それは間違いないけれど、ドライバーはそれを昔から理解している。ドライバーなら誰もが、リスクがあることを知り、それを受け入れた上でレーシングマシンに乗り込んでいるんだ」

「そういう面は変わることはないだろう。ずっとそうしてきたんだからね。今後の成り行きを見ていくが、僕は現状が気に入っている」

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、もっと時間をかけて調査をした後に結論を出すべきだとして、現時点ではハロの導入に関しては反対に票を投じると述べている。

 イギリスGPでテストを行ったベッテルは、前方の視界は問題ないが上を見ると気になると述べた。

 ガスリーはテスト初日、ドライコンディションの午前中には電気系トラブルに見舞われ、午後は路面がウエットになったため、タイムは全11人中、最下位にとどまった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月13日(水)16時16分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。