ここから本文です

知事選は10月6日告示23日投開票

北日本新聞 7月13日(水)22時31分配信

 県選挙管理委員会は13日、県庁で開き、任期満了に伴う知事選を10月6日告示、23日投開票と決めた。合わせて行う県議補選中新川郡選挙区(欠員1)は14日告示、23日投開票となる。

 知事選には、現職の石井隆一氏(70)=3期、富山市宝町=が6月に出馬を表明。自民党県連に推薦を求めており、同県連は現在、政策協定の内容を協議している。民進党県連と公明党県本部にも推薦を依頼するとみられる。

 このほか、県労連や民医連、共産党県委員会でつくる「明るい富山県政をみんなでつくる会」(米谷寛治代表委員)が候補選考を本格化させており、選挙戦となる見込み。同党は、参院選で築いた他党や市民団体との協力関係を知事選でも生かせないか模索している。

 県議補選は、今年3月に高平公嗣氏が死去したことに伴うもので、立山町議の亀山彰氏(57)=2期、立山町岩峅寺=が自民党公認での立候補を予定している。現時点で他に出馬を表明した人はいない。

北日本新聞社

最終更新:9月7日(水)13時39分

北日本新聞